國學院大學(Kokugakuin University)神道・神社史料集成(Shinto Jinja Database)21世紀COEプログラム(21st Century Center of Excellence (COE) Program)
Home > 神社史料・入口 > 国選択 > 近江国神社一覧 > 飯道神社

_
Home
・神社史料集成
・神祇史料集成

COE Program Home
國學院大學 Home

飯道神社(近江国甲賀郡)

(小・『延喜式神名帳』)
従四位下(六国史終了時) グラフ(31)→

比定社
飯道神社(滋賀県甲賀市信楽町宮町) 周辺地域→
飯道神社(滋賀県湖南市針) 周辺地域→

『新抄格勅符抄』10(神事諸家封戸)・大同元年牒(806)

神封部
合四千八百七十六戸
(略)
飯道神 一戸 近江国 宝亀二年奉
(略)

『日本三代実録』元慶8年3月27日戊子条(884)

近江国従五位上飯道神従四位下。飛騨国従五位下剣緒神従五位上。隠岐国正六位上健須佐雄神従五位

『類聚三代格』2(年分度者事)・寛平9年6月23日官符(897)

太政官符
-度金勝寺年分者二
一人-為甲賀郡飯道名神。坂田郡山津照名
一人-為野洲郡三上。兵主両名
法花経一部八巻。最勝王経一部十並法相宗
近江国偁。甲賀野洲両郡解偁。謹金勝寺之古応化聖金粛菩 朝庭尊崇。黎民帰依。金粛尸解之後。興福寺故伝灯大法師位願安。-居此修練無比。弘仁年-為国-立伽唱導声価都鄙騰躍。厚此勝-造精-置仏八宗-写一切経論并一千一百部法花之長于晩-読法之三 承和聖帝殊-入灯額金智行者継踵。研学者並肩。是以二時長講逐欠。終日三昧守休。今件甲賀郡飯道名神。坂田郡山津照名神。野洲郡三上兵主両名神等。国家人民山門之精護法之鎮吏民之祝必彼寺既国中部内攘亦已久矣。就二箇郡尤是故毎使望請。速-為四所件二人度唯両郡例輸之外。毎課丁一調庸之之年分者。専京戸之外土之其年分試業諸寺課試。得度之後六箇年間不便各-読本業-願彼-衛国-護村者。国 官者。従三位守権大納言兼右近衛大将行民部卿菅原朝臣道真宣。奉 勅。請。
寛平九年六月廿三日

Copyright © 2004-2006 Kokugakuin University. All Rights Reserved.