國學院大學(Kokugakuin University)神道・神社史料集成(Shinto Jinja Database)21世紀COEプログラム(21st Century Center of Excellence (COE) Program)
Home > 神社史料・入口 > 国選択 > 丹波国神社一覧 > 阿多古神社

_
Home
・神社史料集成
・神祇史料集成

COE Program Home
國學院大學 Home

阿多古神社(丹波国桑田郡)

(小・『延喜式神名帳』)
従四位下(六国史終了時) グラフ(3)→

比定社
愛宕神社(京都府亀岡市千歳町国分南山ノ口) 周辺地域→

『日本三代実録』貞観2年2月25日丙午条(860)

僧正伝灯大法師位真済卒。真済者。俗姓紀朝臣。左京人也。祖正五位下田長。父巡察弾正正六位上御園。真済少年出家。大乗大僧都空真言大師海公其器両部大伝法阿闍真済時年廿五。時人奇之。真済愛当護山高尾十二年。嵯峨天皇其苦内供奉十禅承和之初。遣使唐。真済使海。中途漂蕩。船舶破裂。真済纔而去。泛々然不到。廿三日。其同乗者卅余人。皆悉餓死。所者真済弟子真二人而已。真済唯仏是念。自然不飢。如来冥護之哉。南島人遥毎夜有光。怪而尋之。拯得岸。皮膚腐爛。尸居不動。島人憐愍。収而養療。遂得仁明天皇擢権律文徳天皇甚「権」少僧権大僧少頃是。真済抗僧正先師空中心懇切。于再天皇感激。空海法大僧正緇徒栄之。真済表請。一重宝塔於高尾岑神護五大虚空蔵菩薩-置塔七口僧及度年分三春秋二季。永-読虚空蔵十輪等-護国也。其遺之。天安二年八月。文徳天皇寝病。真済看病於冷然大漸之夕。時論嗷嗷。真済失隠居。遷化時年六十一。

『日本三代実録』貞観6年5月10日乙未条(864)

丹波国正六位上愛当護神従五位

『日本三代実録』貞観14年11月29日乙未条(872)

丹波国従四位下出雲神従四位上。従五位下阿当護神従五位上。正六位上奄我神従五位下。阿波国正六位上伊比良咩神。船尽比咩神並従五位

『日本三代実録』元慶3年閏10月24日庚戌条(879)

丹波国従五位上阿当護神従四位

『日本三代実録』元慶4年4月29日壬子条(880)

丹波国阿当護山無位雷神。破無神並従五位

Copyright © 2004-2006 Kokugakuin University. All Rights Reserved.