國學院大學(Kokugakuin University)神道・神社史料集成(Shinto Jinja Database)21世紀COEプログラム(21st Century Center of Excellence (COE) Program)
Home > 神祇史料・入口 > 祭祀 > 氏神祭祀

_
Home
・神社史料集成
・神祇史料集成

COE Program Home
國學院大學 Home

氏神祭祀

【概説】

『続日本紀』和銅7年2月9日丁酉(9日)条(714)【氏上と祭祀者の兼務】

従五位下大倭忌寸五百

『正倉院文書』続々集39・宝亀2年4月10日八木宮主解(771)【祭祀への便宜】

八木宮主解 -請暇
合伍箇日
右。件。以解。
宝亀二年四月十日
「法師奉栄」

『正倉院文書』続々集39・宝亀2年4月11日氏部小勝解(771)【祭祀への便宜】

氏部小勝謹解 -
合三日
右。私神祀謹暇如件。以今状。謹解。
宝亀二年四月十一日
「法師奉栄」

『正倉院文書』続集20・宝亀2年?4月13日解(771)【祭祀への便宜】

右。今月十四鴨大神又氏神祭二箇日閑受給。以謹解。
四月十三日

『正倉院文書』続集20・宝亀2年4月15日安宿広成解(771)【祭祀への便宜】

安宿広成謹解 -
合三箇日
右。私神祭謹暇如件。以申。
宝亀二年四月十五日
「法師奉栄」

『正倉院文書』続集20・宝亀3年10月28日美努石成解(772)【祭祀への便宜】

安宿広成謹解 -
合伍箇日
右。依私氏神暇所件。仍注状。謹以解。
宝亀三年十月廿八日
「上真継」

『続日本紀』宝亀8年7月乙丑(16日)条(777)【氏神に対する神階奉授】

内大臣従二位藤原朝臣良継病。其氏神鹿島社正三位。香取神正四位

『類聚三代格』1(神宮司神主祢宜事)・延暦17年正月24日官符(798)【神主補任】

太政官符
諸国神宮司神
右大納言従三位神王宣。奉 勅。神。福。今聞。神宮司等一任終身。侮黷不敬。祟咎屡臻。以後。-択彼氏之中潔清廉貞補任。限
延暦十七年正月廿四日

『類聚国史』19(神祇19神宮司)・延暦17年正月乙巳(24日)条(798)【神主補任】

勅。掃神。福。今聞。神宮司等。一任終身。侮黷不敬。祟咎屡臻。天下諸国神宮司。神主。神長等。氏中清慎之。六年相神祇官神封伊勢太神宮司季

『類聚国史』10(神祇10常祀)・天長元年8月丁酉(21日)条(747)【氏神祭祀の恒例化】

従三位右衛門督兼播磨権守紀朝臣百継。従四位上行越前加賀守紀朝臣末成等紀氏神□幣帛例。

『続日本後紀』承和元年正月庚午(19日)条(834)【氏神祭祀への便宜】

山城国葛野郡上林郷地方一町。伴宿祢

『続日本後紀』承和元年2月辛丑(20日)条(834)【氏神祭祀への便宜】

小野氏神社近江国滋賀勅。彼氏五位已上。毎春秋之永以往

『続日本後紀』承和3年5月庚子(2日)条(836)【氏神に対する神階奉授】

無位小野神従五位遣唐副使小野朝臣篁也。

『続日本後紀』承和3年5月丁未(9日)条(836)【氏神に対する神階奉授】

下総国香取郡従三位伊波比主命正二位。常陸国鹿島郡従二位勲一等建御賀豆智命正二位。河内国河内郡従三位勲三等天児屋根命正三位。従四位下比売神従四位其詔曰。皇御孫命坐。四所大神申給波久。大神等弥高弥広仕奉止奈毛保志食。是以件等冠上献状。中務少輔従五位下藤原朝臣豊継。内舍人正六位下藤原朝臣千葛等。奉出事申給久止申。辞別申給。神那我良皇御孫之御命。堅磐常磐護奉幸奉給。又遣唐使参議正四位下藤原朝臣常嗣。路間風波之。慈賜矜賜比天。平可太良可倍止。称辞竟奉久止申。

『続日本後紀』承和4年2月癸卯(10日)条(837)【氏神祭祀への便宜】

大春日。布瑠。粟田三氏。五位已上。小野春秋二祠時。不近江国滋賀氏神

『類聚三代格』1(神宮司神主祢宜事)・貞観10年6月28日官符(868)【神主補任】

太政官符
一応-用神事 四箇条内
右太政官弘仁十二年正月四日大和符偁。彼国解偁。部内名神其社有数。或為歳。或為雨。仮令大和大神広瀬竜田賀茂穴師等大神是也。而頃年之間。事不祥之徴間々不息。-尋所太政官延暦十七年正月廿四日五畿内諸符偁。奉 勅。神。福。今神主等。一任終身。侮黷不敬。祟咎屡臻。以後。-択彼氏之中潔清廉貞補任。限相替。秩満之代点定言者。国選点言上。而或点上外被愚吏商量事望請。点上之人一切任用。以泊酌之神聴之者。右大臣宣。奉 勅。請。
一応官人諸社神
右太政官同日符偁。彼国解偁。有之輩若-任神神社傾覆職此之由。望請。-抽無-理神者。同宣。奉 勅。請。
一応下二神主
右太政官同日符偁。彼国偁。祢宜祝等考者。国司勘定。而今于神任中功過無望請。件神主考。国司随褒貶。以者。同宣奉 勅。請。
以前撰格所起請偁。上件事条遵行有便。伏望。-知四畿内及七道諸者。中納言兼左近衛大将従三位藤原朝臣基経宣。奉 請。
貞観十年六月廿八日

『日本三代実録』貞観15年9月9日辛未条(873)【氏神祭祀への便宜】

掌侍従五位上春澄朝臣高子-幣氏伊勢稲一千五百行旅之

『日本三代実録』元慶2年2月19日乙酉条(878)【氏神祭祀への便宜】

詔。山城国正税稲三百束。従五位下山背忌寸大海全-幣氏也。

『日本三代実録』元慶4年8月29日庚戌条(880)【氏神祭祀への便宜】

河内国飛鳥戸神社田一春秋祭祀之氏人主税助外従五位下百済宿祢有雄。主殿権允正六位上御春朝臣有世等之也。

『類聚三代格』1(神社公文事)・元慶5年3月26日官符(881)【氏人からの祝部補任】

太政官符
三年一諸神祝部氏人
伊予国偁。太政官去貞観十年九月十四日当道諸符偁。貞観八年四月十一日符偁。去年五月廿五日符偁。右大臣宣。諸社祝部。停八位以上及六十以上人之。以後立但先置者令者。今諸国所行。氏人并神-補課之政大納言正三位藤原朝臣氏宗宣。是氏人并神戸百而先八位已上及六十已上堪但至神主祢宜祝部等氏。毎-申細国司覆検造申送。永者。国六位以上社祝部氏人帳。毎勘造朝集使官。今件帳期限無程。頻勘其勘益。望請。官裁郡司譜一紀一進以 官者。従二位行大納言兼左近衛大将源朝臣多宣。奉 勅。三年一諸国准此。
元慶五年三月廿六日

『日本三代実録』元慶5年3月26日甲戌条(881)【氏人からの祝部補任】

制。五畿七道諸国諸神祝部氏人。本系帳三年一

『類聚三代格』1(神宮司神主祢宜事)・元慶5年10月16日官符(881)【氏人からの神主補任】

太政官符
筑前国本従一位勲八等宗像大神社事 大和国城上郡登美
正六位上高階真人仲守
氏人内蔵権助従五位下高階真人忠峯等解偁。件社。大和国城上郡登美太政官去年三月廿七日符訖。-従清御原 天皇御于当氏人等所神宝并園地色数稍多。高階真人累代鱗次-当社而今経久遠人意懈緩。或不-失神或彼此相譲-怠祭之故屡状。去年申官。而未件仲守天性清廉堪望請。早氏長相替之限一 官者。従二位行大納言兼左近衛大将源朝臣多宣。奉 勅。請。
元慶五年十月十六日

『日本三代実録』元慶5年10月16日辛卯条(881)【氏人からの神主補任】

大和国城上郡従一位勲八等宗像神社筑前国高階真人氏之。

『類聚三代格』1(神社事)・寛平5年10月29日官符(893)【氏神祭祀の実態】

太政官符
-宗像神社修理料賎代徭
賎十六人。正丁。筑前国宗像郡金
充行徭丁八人。大和国城上郡四人。高市郡二人。十市郡二人
彼社氏人従五位下守右少弁兼大学頭高階真人忠峯等解偁。件神大和国城上郡之筑前国宗像従一位勲八等宗像大同神也。旧記云。是 天照大神之子也。 大神 勅曰。汝三神-居道所崇祭者。今国家毎-幣件是其本縁也。唯筑前社封戸神大和社未忠峯等始祖太政大臣浄広壱高市皇子命。氏賎年輸-理神而年代久遠。物情解体。氏衰路遙。不貞観十年六月廿八日-請祖神封修理而大神宮事既氏人等狐疑猶予。空神舎既今件賎同類蕃息已望請。良。調其代永随近徭修理 官者。大納言正三位兼行左近衛大将皇太子傅陸奥出羽按察使源朝臣能有宣。奉 者。仍件徭丁彼氏高階真人長者并神主等共署申之。差充之後不但其死闕及耆老之代。又同待之。永以為例。
寛平五年十月廿九日

『類聚三代格』19(禁制事)・寛平7年12月3日官符(895)【氏神祭祀への便宜】

太政官符
-止五位以上及孫王輙
右大納言正三位兼行左近衛大将皇太子傅民部卿陸奥出羽按察使源朝臣能有宣。奉 勅。五位已上及孫王不之制。先従行尚矣。今如聞。畿内百姓愁歎無極。公事私業或使多。其尤甚者。権貴雑居動-止件輩輙唯高年送之徒。痼疾就之地。各便者。仍七十以上并宿病尫弱。或療治之便終焉之者。-牒国解。任居国司若不之科但山城国内東会坂山埼。与渡。泉河等北西摂津丹波等国大兄山南大和国春日社二月十一月祭。興福寺三月国忌斎会。同寺十月維摩会。薬師寺三月最勝会等。応氏人及散位諸司五位以上。其人有直参。又諸人氏神多毎年二月四月十一月何先祖之常者直之類往還有程。留連経其違越者録言上。違勅
寛平七年十二月三日

『令集解』7(神祇令)孟夏条・三枝祭【氏神祭祀の実態】

謂。率川社祭。三枝祭。故也。釈云。伊謝川社祭。大神氏宗定而祭。不者不祭。即大神族類之神也。三枝而祭。大神祭供。此麁魂和霊古記無別。

『令集解』7(神祇令)仲冬条・上卯相嘗祭【氏族による祭祀】

謂。大倭住吉大神穴師恩智意富葛木鴨。紀伊国日前神等類是也。神主各官幣而祭。釈云。大倭社。大倭忌寸祭。宇奈太利村屋。住吉。津守。大神社。大神氏上祭。穴師。神主。巻向神主。池社池首。恩智。神主。意富。太朝臣。葛木鴨。鴨朝臣。紀伊国坐日前。国県須伊太祁曽鳴神。已上神主等。-受官幣祭。古記無別。

Copyright © 2004-2006 Kokugakuin University. All Rights Reserved.