國學院大學(Kokugakuin University)21世紀COEプログラム(21st Center of Excellence (COE) Program)
Home

Home
COE Program Home
國學院大學 Home

Home (English)

国学関連人物データベース

はじめに

 「国学者データベース」(以下、「本データベース」という。)は、國學院大學21COEプログラム「神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成」の第Ⅱグループ(「神道・日本文化の形成と発展に関する調査研究」)における「近世・近代における神道と日本文化の国学的研究」(事業推進担当者 阪本是丸・武田秀章)の事業の一つとして、近世から近代における国学者および国学に関連する人物についての情報を収集し、その成果を一般に公開することを目的として作成されている。
 近世以降、日本の基層文化である神道への探求を通して、多彩な日本文化の起源とその歴史的展開や意義を解明しようとするうえで、文献やモノを中心とした実証的な学問研究である「国学的研究」がなされてきた。本事業のテーマとする「国学的研究」が、どのような始点と連続性を持って展開したのかを検討するうえでは、その担い手となる「国学者」や、それら文化の維持・継承に理解を示した人物に関する実態を網羅的に把握することは、欠くことのできない作業であり、このことは神道と日本文化の形成と発展を考えるうえでも重要である。
 本データベースは、これら「国学的研究」に関わる人物の活動を把握するとともに、その学問がいかに発信、あるいは受信されたかという「知」のネットワークの形成過程を明らかにするものである。

データベース


国学関連人物データベース

 凡例
 (1) 対象
  • 「国学者」とは、一般的に古事記・日本書紀・万葉集などの古典を主として、文献学的研究に基づき、わが国固有の文化および精神を明らかにしようとする学問(「国学」)に努めた人物をいう。本データベースでは、とくに『国学者伝記集成』1・2巻、続編(大川茂雄・南茂樹編〈正編〉、日本文学史料研究会編〈続編〉、名著刊行会、1978年〈復刻〉)に記載されている慶長年間より明治36年末までに物故した神道家、歴史家、歌学者、有職家、法律家などを特に「国学者」とした。
  • 本データベースで収録した人物は、「国学者」のほか、『和学者総覧』(國學院大學日本文化研究所編・発行、1990年)に所収される「和学者」(慶長年間の後半以降の物故者より明治元年までの出生者、漢学者・俳諧師・狂歌師等を含め、神学・歌学・歴史・有職等の学問に携わった人物)、および『和学者総覧』の作成時に編集された「和学者カード」(國學院大學日本文化研究所所蔵)を対象とした。
  • 現在、姓名の頭文字でア行の人物を掲載している。今後、これを追加収録する予定である。
  (2)項目
  • 項目は、姓名、生没年、活動地、墓地、学統、別称、解説、年譜、出典の諸事項になり、その表記については、概ね『和学者総覧』に準じた。諸項目を作成するうえで参考とした出典については、解説の右下に参照として掲げている。
  • 姓名は、原則として姓・名としたが、名の不明なものは便宜、通称や号をもってこれに代えた。また僧侶については、法号をもってし、近代の僧侶については、姓・法号の形とした。ヨミガナは原則として『和学者総覧』の人名表記に従った。ただし、『和学者総覧』に掲載されていない人物、および掲載に誤りがある人物については、妥当と思われるものを表記した。また、可能なかぎり姓名の右側に主な身分や職業を付した。
  • 生没年は、生年、没年、享年から成り、和暦と西暦を併記し、これに月日を付した。享年は括弧内に数え年を表記した。
  • 活動地は、旧国郡名のほか、詳細な地名を可能なかぎり表記した。活動した地域が、複数に亘るものについては、主に生国を活動地とし、それ以外の地域は、その他の活動地として別記した。表記は『日本歴史地名大系』1-48巻(平凡社、1982年-2003年)を参照し、旧地名に対応する現在地名を付した。また、統廃合がすすんだ地名については変更がなされていないものもある。墓地は、出典に基づくものであり、現在の埋葬地と必ずしも一致するものではない。
  • 別称は、姓、名、字、通称、号、諡、その他に区分した。なお、〔幼名〕については、通称とし、〔法名〕〔院号〕〔戒名〕等は諡とした。
  • 学統は、広く学問一般に関して直接指導を受けたと思われる人物のほか、入門した人物についても、師名を掲げた。
  • 解説は、人物の履歴と学問の動向について作成した。
  • 年譜は、「国学者」を中心として、解説欄の記載をもとに、著作の作成、刊行を加えて作成した。とくに著作については、『国書総目録 補訂版』1-8巻(岩波書店、1989年-1990年)、『古典籍総合目録』1-2巻(岩波書店、1990年)収録の文献について、国文学研究資料館が公開しているデータベース「日本古典籍総合目録」に基づき、国立国会図書館、国文学研究資料館が所蔵する文献を主に掲載している。ヨミガナについては、「日本古典籍総合目録」に倣い、現代仮名遣いを用いた。
  • 出典は、「和学者カード」に記載された資料について、関連文献、研究論文、事典・伝記、地方自治体史誌に区分した。復刻されたものについては、戦後のものを対象とした。なお、可能なかぎり現物を確認しようと努めたが、一部できなかったものもある。このうち、『国学者伝記集成』は巻数、『和学者総覧』は、文献に記載されている通し番号を付して、文末に掲載した。それ以外の人物で収録されているものについては、「和学者カード」とした。

  (3)作成者 ※所属は平成19年(2007)3月31日現在のもの

  • 監修 
    阪本 是丸(國學院大學神道文化学部教授、事業推進担当者)
  • 企画・作成助言
    松本 久史(國學院大學日本文化研究所講師)
  • データ作成
    • 岡市 仁志(大学院文学研究科博士課程前期神道学専攻修了)
    • 上西 亘(大学院文学研究科博士課程前期神道学専攻在学)
    • 河村 忠伸(大学院文学研究科博士課程前期神道学専攻修了)
    • 小林 威朗(大学院文学研究科博士課程前期神道学専攻在学)
    • 精園 佳子(大学院文学研究科博士課程後期神道学専攻在学)
    • 大東 敬明(大学院文学研究科博士課程後期神道学専攻在学)
    • 戸浪 裕之(大学院文学研究科博士課程後期神道学専攻在学)
    • 中村 聡(大学院文学研究科博士課程後期神道学専攻在学)
    • 西高辻 信宏(大学院文学研究科博士課程後期神道学専攻在学)
    • 藤吉 優(大学院文学研究科博士課程前期神道学専攻修了)
    • 星野 光樹(21世紀研究教育計画ポスドク研究員)
    • 宮本 誉士(COE研究員)
 なお、以下の行為はお控え下さい。
  • 本データベースを営利目的のために利用すること。
  • 複写・複製・二次加工物を他者に譲渡・貸与すること。
 ご意見などがある場合はこちらへ。


Copyright © 2004-2006 Kokugakuin University. All Rights Reserved.