伊丹 重賢∥イタミ シゲカタ  


〔生没年〕    (不詳)

〔活動地〕 京都粟田 : 京都府粟田



〔学統〕 梅田雲浜

〔称〕蔵人、右京大進


【 解説 】


 朝彦親王に仕えて、朝権恢復の為奔走する。師の梅田雲浜他橋本左内や山本貞一郎の入説を斡旋した廉で一時京都を追放された。後に赦免されたが、再び嫌疑を掛けられ幕府に捕縛された。明治維新後は初め徴士・内国事務局権判事に登用され、次いで刑部大判事や司法少輔などを歴任し、元老院議官に進んだ。

(参照:明治維新人名辞典)


【 年譜 】





【 出典 】

 〔事典・伝記〕

岡山の歌人 / 蔵知 矩撰. -- 岡山市立中央図書館, 1994


( 和学者カード )