神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成 Kokugakuin University
 サイト内の検索

高度な検索
 メニュー
  • ホーム

  •     ・COEプログラムのご案内
        ・最新のお知らせ
        ・最近の刊行物
    
      ・神道・神社史料集成
        (神社資料データベース)

      ・国学関連人物データベース
ホーム >> COEプログラム事業の遂行と成果について >> e. 成果刊行
『神道・日本文化研究国際シンポジウム(第1回)各国における神道研究の現状と課題』の刊行(PDFファイルあり) 
公開日: 2004/3/6
閲覧数: 14583 回
Size 5209 bytes
印刷用ページ
 
*本書の冊子形態のものについては、在庫切れのため、頒布を終了しました。下記の記事にPDFファイルへリンクの表示してありますので、そちらをご利用ください。

「神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成」の第IIIグループでは、2003年3月に行った国際シンポジウムの結果を2003年9月に下記の報告書として刊行しました。B5判、107頁です。

<報告書>
『神道・日本文化研究国際シンポジウム(第1回) 各国における神道研究の現状と課題』

主な内容

[PDF]はしがき
第I部 国際シンポジウム 各国における神道研究の現状と課題
司会 井上順孝(國學院大學神道文化学部教授)
[PDF]〈第1セッション〉
二十世紀のドイツ語圏における神道研究

ベルンハルト・シャイド(オーストリア科学アカデミー教授)
9
[PDF]〈第2セッション〉
オランダにおける神道研究―神学・宗教学・思想史・ミンゾク学を中心にして―

ヤン・ファン・ブレーメン(ライデン大学教授)
25
[PDF]〈第3セッション〉
フランスにおける神道研究

フランソワ・マセ(国立東洋言語文化研究所教授)
38
[PDF]〈第4セッション〉
米国における近現代神道研究の現状と課題

ヘレン・ハーディカ(ハーバード大学教授)
48
[PDF]〈第5セッション〉
韓国における神道研究の現状と課題

李元範(東西大学校教授)
68
[PDF]総括討論
I.コメント
74
林淳(愛知学院大学教授)
75
II.応答
79
III.自由討論
83
[PDF]第II部 神道研究の現状と課題について
I.招聘研究者の紹介
95
II.国内研究者の紹介
96
III.今後のテーマと研究視点
98
IV.若手研究者育成をめざして
104
リンク:第1回 神道・日本文化研究国際シンポジウム 「各国における神道研究の現状と課題」

 
このセクションの目次に戻る | 総目次に戻る
このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

國學院大學研究開発推進機構 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
TEL 03-5466-0162
Copyright © 2002-2004 Kokugakuin University. All rights reserved.