神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成 Kokugakuin University
 サイト内の検索

高度な検索
 メニュー
  • ホーム

  •     ・COEプログラムのご案内
        ・最新のお知らせ
        ・最近の刊行物
    
      ・神道・神社史料集成
        (神社資料データベース)

      ・国学関連人物データベース
ホーム >> COEプログラム事業の遂行と成果について >> c. 国際会議・シンポジウム >> グループ2「神道・日本文化の形成と発展の研究」
シンポジウム「近世日光の祭祀と儀礼」 
公開日: 2005/10/13
閲覧数: 3632 回
Size 6876 bytes
印刷用ページ
 
1、開催目的
 近年、近世史を考える上で分野史を統合する総合史の必要性が指摘され、さらにそのための有効な方法として、社会的通念・常識が成立する「場」の問題に着目した研究が注目されている。このことに即して考えれば、近世における支配思想として山王一実神道と東照宮の存在があり、その社会的実践の場が日光東照宮をめぐる儀礼であったといえよう。そして、それは東照宮信仰として社会に大きな影響を与えたのである。
 すなわち、東照宮をめぐる祭祀と儀礼を検討することは、近世の社会理念・常識の再検討のためにも、また現代人の意識形成に大きな影響を与えた国学についての新しいイメージ生成のためにも有効であるといえるだろう。
 以上の問題に接近するために、5月7日に「近世の祭祀と儀礼」研究会を開催し、その成果と課題をシンポジウムに継承しようと試みた。シンポジウムでは曽根原理氏・山澤学氏が主に東照宮信仰を、大友一雄氏・種村威史氏が将軍の日光社参をめぐる諸問題を報告した。
 なお、このシンポジウムは国史学会との共催で実施された。

2、日時:2005年5月22日(日) 13時〜17時

3、会場:國學院120周年記念2号館2303号室

4、研究発表者・コメンテーター・司会 ※敬称略
4−1報告者
曽根原理(東北大学):「東照宮祭祀と山王一実神道」
山澤 学(筑波大学):「東照宮祭礼と民衆 ―祭礼成立期を中心に―」
大友一雄(国立国文学研究資料館史料館):「日光社参と身分―集合記憶と儀礼参加をめぐって―」
種村威史(國學院大學大学院博士課程):「天保期日光社参における奏者番の機能」
4−2コメンテーター
岡田莊司(國學院大學COEプログラム事業推進担当者)
澤登寛聡(法政大学)
深井雅海(國學院栃木短期大学)
4−3司会
根岸茂夫(國學院大學COEプログラム事業推進担当者)
吉岡 孝(國學院大學)
 
5、シンポジウムの詳細
5−1 発表概要
曽根原理「東照宮祭祀と山王一実神道」
 近世の日光を秩序付けた山王一実神道。その継承・変容過程を、東照宮祭礼の様々な様態を提示しながら検討することを報告の目的とした。そのための素材としたのが、東照宮本地供・久能山の東照宮祭礼・東照宮講式・叡山の東照宮講の4つである。検討の結果、‘光・久能山・仙台・畿内などで、山王一実神道の教説が、実際に流通していたこと、△修龍祇發話羸ぐ瞥茲諒神論や天海以来の王権論を継承していたこと、しかし一方近世に一部が変容していく可能性もあること等を指摘した。
 
山澤学「東照宮祭礼と民衆 ―祭礼成立期を中心に―」
 日光東照宮祭礼の形成過程・国家儀礼としての特質について、特に伝統的権威との関わりのなかで追求した。正保2年(1645)宮号宣下を期に東照大権現は皇祖神に位置付けけられ、東照宮祭礼は勅会として(国家的儀礼として)執行されるようになった。さらに、祭礼がめざす「治国利民」は東照大権現の功徳融通として、殺生禁断・恩赦・施行米を通じて民衆へ享受されていった、と結論づけた。
 
大友一雄「日光社参と身分―集合記憶と儀礼参加をめぐって―」
 社参に携わる集団・人々に焦点を当て、国家的儀礼である日光社参が有した意味を追求した。
 まず日光社参には、直接日光社参に参加するもののみならず、諸藩や非領国・遠国地域が人馬動員、警備活動などを通じ社参へ参加していることを確認し、社参中は、厳戒体制に擬せられるような社会状況が創出されていることも指摘した。さらに、そのような中で社参より排除される集団が存在(出家・浪人・座頭など)すること、さらには社参への参加にアイデンティティを求める集団の存在を紹介し、日光社参の社会的意義づけを行った。
 
種村威史「天保期日光社参における奏者番の機能」
 従来の日光社参研究の方法論が、国家権力がいかに人民を動員・編成するかという役論的編成論に偏っていたことに対し、日光社参を将軍の儀礼の場として捉える必要性をまず提起し、報告主題に迫った。
 具体的には儀礼に携わる奏者番の史料を通じて、天保社参を中心に日光社参を検討した。その結果、ー匯欧箸禄評覽稽蕕鮹羶瓦箸掘大名との主従関係を確認する「場」であること、日光社参において儀礼に携わる奏者番の機能は確かに大きなものであるが、それは繰りかえされる先例に規定されたものであると同時に、そこに近世後期における儀礼の形骸化が見出せることを指摘し、さらに宿城儀礼と江戸城での殿中儀礼の類似性を指摘した上で、将軍(王)の身体論による日光社参研究の可能性を提起した。

5−2成果と課題
 まず各コメンテーターより各報告に対するコメントがなされた。
 神道史の立場より岡田氏は、中世神道と山王一実神道との関係、ことに吉田神道が近世において排除されていく過程と山王一実神道の創出・展開過程の関係の解明が、神道史上において重要であろう、と指摘した。さらに山王一実神道自体の規定が一定しない現状において、その概念規定を特に曽根原氏に対し期待したいとのコメントがあった。
 近世史の立場からは澤登氏と深井氏よりコメントがなされた。澤登氏は、儒教的思想と東照宮信仰との関係の解明を問題提起した。また4報告全体に関わる問題として、日光東照宮をめぐる祭祀と儀礼の諸問題を今回の各報告では個別的に抽出・検討していたが、もっと儀礼全体の流れのなかで位置づける必要があるとコメントした。
 深井氏は、特に種村報告に対して宿城儀礼と江戸城儀礼の類似性を重視するなら、例えば江戸城における儀礼を細かく検討する必要があろうとコメントした。また、将軍の身体論の問題に関連し、将軍の道中において老中奉書が発給可能な環境が整えられている事例が存在することを紹介した。

 次にコメンテーターや会場からの質問をもとに討論が展開された。
 曽根原氏には、おもに天海による山王一実神道の成立過程について問われた。曽根原氏は家康死後から寛永13年(1636)の東照社造営開始の間、天海は日本書紀注釈や三輪流神道などを研究していた形跡がみられる。すなわち山王一実神道は天海が独自に創出したものではなく、中世よりの神道思想に影響をうけたものであるとした。
 山澤氏には、日光東照宮の創出と伝統的国家との関係の内容が問われた。山澤氏は、初期においては祭礼において官宣旨が発給されるなど、天皇権威に依存しつつ、東照宮権威は確立された、と応答した。また「治国利民」と民衆の関係について会場の菅根幸祐氏(國學院栃木短期大学)より、地方の城下町における東照宮祭礼と比較検討したほうが、より関係性が見えてくるのではないかとの指摘があった。 
 大友氏に対しては、社参より排除される集団に関わって、その排除の論理についての説明が求められた。大友氏は、日光例幣使派遣の際、寺が隠される事例を挙げながら、神事と仏事を区別する観念があったことを、また強固な近世身分制の存在を排除の背景として指摘した。
 種村氏には、宿城儀礼と社参全体との位相関係について意見が求められた。種村氏は即答を避け、宿城儀礼の位置づけについては今後の課題としたいと応答した。  
 最後に会場の福原敏男氏(日本女子大学)より、日光東照宮祭礼における行列と、地方の東照宮祭礼における行列のそれぞれの構造を比較検討することで、日光東照宮における近世社会における位置が見えてくるのでは、との問題提起がなされた。

 今回のシンポジウムの意義は、4報告とそれをめぐる討論により、ともすれば観念的な議論に終止しがちな日光東照宮の問題について、かなりの程度その具体像が提示された点にある。ただし、(1)4報告がそれぞれ抽出・検討した個別的問題を、日光東照宮をめぐる儀礼全体にどのように定置するのか、(2)神道・仏教・儒教・そして国学的思想の融合・対立のダイナミズムにより形成される社会的通念と、その表象的行為である儀礼との関連性のさらなる追求、などが新たな課題として浮上した。今後の研究課題に含め、さらに検討を重ねていきたい。
 
(文責 種村威史)
 
このセクションの目次に戻る | 総目次に戻る
このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

國學院大學研究開発推進機構 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
TEL 03-5466-0162
Copyright © 2002-2004 Kokugakuin University. All rights reserved.