神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成 Kokugakuin University
 サイト内の検索

高度な検索
 メニュー
  • ホーム

  •     ・COEプログラムのご案内
        ・最新のお知らせ
        ・最近の刊行物
    
      ・神道・神社史料集成
        (神社資料データベース)

      ・国学関連人物データベース
ホーム >> COEプログラム事業の遂行と成果について >> a. 調査 >> グループ1「基層文化としての神道・日本文化の研究」
青森県津軽地方の巫者・巫俗の調査 
公開日: 2006/1/30
閲覧数: 4923 回
Size 2429 bytes
印刷用ページ
 
1.調査名 グループ機ヾ霑慂顕修箸靴討凌斉察ζ本文化の研究
      青森県津軽地方の巫者・巫俗の調査

2.出張先 青森県弘前市赤倉、金木町川倉地蔵、および鰺ヶ沢町、今泉 

3.期 間 平成17年11月25日〜平成17年11月28日

4.調査者 豊島秀範(事業推進担当者)、舟木勇治(COE奨励研究員)

5.調査内容
(1)調査概要
 「日本における神観念研究」では、巫者・巫俗などいわゆるシャマニズムの研究は欠くことができない。青森県の巫者・巫俗研究もその例外ではなく、日本における神観念の一端を明らかにするものである。この分野については、従来多くの研究蓄積があるが、青森県のイタコやカミサマと呼ばれる巫者とこれによる巫俗についての現状は把握されていない。そのため、かつて多くの巫者が活動していた津軽地方での巫者・巫俗の現状調査を行った。具体的には、直接イタコ、カミサマに面会して入巫の経緯と現在の活動状況ならびに巫者の神仏祭祀などについての聞き取り調査と、カミサマ・イタコに関わる霊地・寺院の現況調査を行った。
 面会した巫者、現況調査を行った霊地・寺院などは次の通りである。

聞き取り調査
\渉天攘嬉優沢町在住のカミサマ
中津軽郡岩木町在住のカミサマ
青森市戸門在住のカミサマ
に鳴天攘潅翡馗在住のイタコ
ス袷飴圓寮崛區声劼竜椹

霊地・寺院の調査
弘前市の岩木山北麓の赤倉集落
北津軽郡金木町の川倉地蔵
┨袷飴圓竜彭六
つがる市木造町の西の高野山
北津軽郡金木町の雲祥寺

 今回は、上記のように、津軽地方で活動している3名のカミサマ、1名のイタコからの聞き取りを行うとともに、カミサマ、イタコの修行場の一つである赤倉神社宮司からも聞き取りを行った。


(2)調査の成果と今後の課題
 今回の調査では、津軽地方におけるカミサマとイタコについての現状を確認した。その結果、津軽地方で現在活動しているイタコが数名のみであること、従来口寄せを行っていなかったカミサマと呼ばれる巫者が口寄せを行うようになっていることが判明した。巫者・巫俗に関する信仰のあり方の変容を捉えられたことが今回の調査の成果である。今後、隣接地域の南部・下北地方での調査が必要となる。

aomori1
カミサマの祭壇

aomori2
久渡寺の本堂

aomori3
川倉地蔵


(文責・豊島秀範)
 
このセクションの目次に戻る | 総目次に戻る
このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

國學院大學研究開発推進機構 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
TEL 03-5466-0162
Copyright © 2002-2004 Kokugakuin University. All rights reserved.