神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成 Kokugakuin University
 サイト内の検索

高度な検索
 メニュー
  • ホーム

  •     ・COEプログラムのご案内
        ・最新のお知らせ
        ・最近の刊行物
    
      ・神道・神社史料集成
        (神社資料データベース)

      ・国学関連人物データベース
ホーム >> COEプログラム事業の遂行と成果について >> c. 国際会議・シンポジウム >> グループ3「神道・日本文化の情報発信と現状の研究」
神道・日本文化研究国際シンポジウム(第5回)「神道研究の国際的ネットワーク形成」 
公開日: 2006/11/2
閲覧数: 4138 回
Size 7607 bytes
印刷用ページ
 
神道・日本文化研究国際シンポジウム(第5回)
「神道研究の国際的ネットワーク形成」


開催日 平成18年9月22日(金)10:00-17:00、23日(土)10:30-16:00
会場   22日 シンポジウム 國學院大學若木タワー地下1階02会議室
      23日 研究フォーラム 國學院大學若木タワー5階0502教室

タイム・スケジュール
9月22日
挨拶及びシンポジウム趣旨説明 井上順孝(事業推進担当者、本学教授)
〈セッション1〉
司会 浅野春二(事業推進担当者、本学助教授)
発題 魯成煥(韓国、蔚山大学校教授)
    「神道研究における日韓協力方案」
〈セッション2〉
司会 浅野春二(事業推進担当者、本学助教授)
発題 色音(中国、北京師範大学文学院民俗学與社会発展研究所教授)
    「中国における神道及び日本文化研究のネット化の必要性と可能性」
〈セッション3〉
司会 ヘイヴィンズ,ノルマン(Norman Havens、事業推進担当者、本学助教授)
発題 マーク・テーウェン(Mark Teeuwen、ノルウェー、オスロ大学教授)
    「神道研究のネットワーク作り」
〈セッション4〉
司会 ヘイヴィンズ,ノルマン(Norman Havens、事業推進担当者、本学助教授)
発題 ジョン・ブリーン(John Breen、イギリス、ロンドン大学アフリカ・東洋学院教授)
    「知的ネットワークの意義と機能」
〈セッション5〉
司会 ケイト,ナカイ(Kate Wildman Nakai、上智大学教授)
発題 ジョン・ベンテリー(John Bentley、アメリカ、北イリノイ大学准教授)
    「神道古典と言語学とのネットワーク形成」
〈セッション6〉
司会 ケイト,ナカイ(Kate Wildman Nakai、上智大学教授)
発題 井上順孝(事業推進担当者、本学教授)
    「英文神道事典のネット上での展開と神道研究の国際化」

9月23日
司会 井上順孝(事業推進担当者、本学教授)
発題 稲場圭信(神戸大学助教授)
    遠藤潤(事業推進協力者、本学助手)
    加瀬直弥(COE事務局、本学研究開発推進センター講師)
    加藤里美(事業推進協力者、本学専任講師)
    真田治子(埼玉学園大学助教授)
    シッケタンツ,エリック(Erik Schicketanz、事業推進協力者)
    武井順介(國學院大學21世紀COEプログラム研究員)
    平藤喜久子(事業推進協力者、本学専任講師)
    ヘイヴンズ,ノルマン(Norman Havens、事業推進担当者、本学助教授)
    松本久史(COE事務局次長、本学日本文化研究所講師)

1.趣旨
 2002年度より神道研究の国際的ネットワーク形成、およびそれに基づく共同研究の推進を目指して、神道・日本文化研究国際シンポジウムを毎年開催してきた。同時に『神道事典』の改訂英訳版をオンライン公開する作業も平行して行なわれてきた。
 これまでの4回のシンポジウムでは、それぞれ「各国における神道研究の現状と課題」、「〈神道〉はどう翻訳されているか」、「神道の連続と非連続」、「オンライン時代の神道研究と教育」をテーマとして掲げてきた。そこで明らかになったことは、国外では神道研究の専門家が少ないこと、多くは日本(文化)研究の一部として研究されていること、神道の基本的文献や日本の研究をもっと国外に発信していくことが求められていること、神道の概念自体に日本と国外とでは議論に差異があること、国外の日本(文化)研究では、デジタル化した資料を用いて教育が実践されていること、などがあげられる。
 上記の点、および現状の神道・日本文化研究を踏まえ、第5回のシンポジウムでは「神道研究の国際的ネットワーク形成」をテーマとした。具体的には、神道・日本文化研究に関する情報共有の可能性をもさくしつつ、実現可能な具体的プログラムは何かを検討した。

2.内容
 22日のシンポジウムでは、5人の海外招聘研究者と事業推進担当者の発題をもとに具体的な行動指針に関して議論された。

魯成煥

 魯成煥氏は、韓国の学生が持つ神道のイメージ(神社参拝、右翼、戦犯、靖国神社、国家神道的なもの)を紹介し、それを取り除くためには韓日における学際的な共同研究や研究協力の必要性、韓国の研究者以外の人たちにも理解可能な書籍の翻訳や紹介の必要性を論じた。

色音

 色音氏は、中国における神道・日本文化研究機関の紹介を行ないつつ、それらが未だ有機的なつながりを持っていないことを指摘した。この点を克服するためインターネットに着目し、中国における神道・日本文化研究に関する共同研究体制を構築することの必要性を説くとともに、日中の研究者同士でも相互に情報交換していくことの重要性を述べた。

Teeuwen

 テーウェン氏は、自らが所属していた団体でのネットワーク作りを踏まえ、国際的な研究協力体制作りの鍵を、日本から海外への一方的な情報発信ではなく、国際的な対話と協力の場を提供すること、オープンな組織を形成することを挙げ、神道を国境を越えた国際的な研究テーマとして確立していく必要性を提案した。

Breen

 ブリーン氏は、日本国内の神道研究者が海外の神道研究動向にあまり目を向けていないことを指摘した。このことは神道研究に国内と国外との2つの流れを生じさせ、現在それが平行線を辿ってしまっているため、この2つの流れを統合するかたちとしての議論の場や大学間の協力を提案した。

Bentley

 ベンテリー氏は、言語学者の立場から、祝詞への古代日本語の影響を紹介し、現在の神道研究では言語学的な視点が不足していることを指摘した。その改善のために、言語学者と神道研究者の議論の場としての電子フォーラムの構築、言語学に必要な日本の資料の電子化などを行ない、言語学と神道研究の国際的かつ学際的な協力関係の必要を述べた。

井上順孝

 井上は、オンライン版Encyclopedia of Shintoの制作過程を紹介しつつ、そこで生じた諸問題とその解決方法について言及した。また研究者同士の国際的ネットワークをより親密にするためには、インターネットを発展的に活用していくべきだと述べた。さらに海外招聘研究者からの発題に応えるかたちで、国際的ネットワーク形成のための具体的な方策を提示した。

 23日の研究フォーラムでは、22日の発題を受け、今後進めていく具体的な研究の内容、その成果の具体的な提示方法について意見が交わされた。

報告1

 第轡哀襦璽廚了業の1つである『神道事典』の英訳とオンライン化(EOS)を遂行する過程において、いくつかの問題点や課題が挙げられた。原文執筆者と翻訳者との知識差を埋めること、現EOSがターゲットとしている利用者層を特定すること、多くの人々がオンライン上で行なう双方向的な事典編纂の困難さ、などであった。

報告2

 これに応えるかたちで、EOSの効率的な利用法や具体的な改善点、さらには國學院大學全体との連携について意見が出された。昨今の大学教育において活発に取り入れられているE-LearningやWeb-Learningの教材としての利用、図像情報を多く用いることによる視覚的理解の促進、國學院大學が構築しているデータベースとの統合、などであった。

報告3

 以上を受けて井上は、オンラインを有効に活用した国際的な研究者ネットワークの拠点として、本プロジェクトが有効に機能していたことを確認し、今後さらなる発展の可能性を見出し、閉会した。

 尚、当日の発題、コメント、討論の詳細については、後日刊行する予定の報告書をご参照いただきたい。

(文責 武井順介)

リンク:Encyclopedia of Shinto
 
このセクションの目次に戻る | 総目次に戻る
このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

國學院大學研究開発推進機構 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
TEL 03-5466-0162
Copyright © 2002-2004 Kokugakuin University. All rights reserved.