神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成 Kokugakuin University
 サイト内の検索

高度な検索
 メニュー
  • ホーム

  •     ・COEプログラムのご案内
        ・最新のお知らせ
        ・最近の刊行物
    
      ・神道・神社史料集成
        (神社資料データベース)

      ・国学関連人物データベース
ホーム >> COEプログラム事業の遂行と成果について >> a. 調査 >> グループ2「神道・日本文化の形成と発展の研究」
「出雲地域における神社の資料論的研究」に関する調査 
公開日: 2003/11/21
閲覧数: 5021 回
Size 5199 bytes
印刷用ページ
 
1.調査テーマ:
 日御碕神社における文書・神像等資料調査

2.調査日:
 平成15(2003)年11月12日〜15日

3.調査地:
 日御碕神社(島根県簸川郡大社町日御碕) 他

4.調査参加者:
 三橋 健(本学神道文化学部助教授・COE事業推進担当者)
 新井大祐(COE研究員)
 菊地晋介(COE奨励研究員)
 上野 力(本学大学院文学研究科神道学専攻博士課程前期)

5.調査目的:
 本事業「出雲地域における神社の資料論的研究」においては、現在、主に島根県簸川郡大社町日御碕鎮座の日御碕神社、および同社社家・小野家の所蔵する「日御碕神社文書」「小野家文書」の整理・解析等を進め、このような特定神社を研究することによって地域社会に機能する神社の実体を明確にしていくことを目的としている。
ただし、本事業は古文書類のみならず、美術品や建造物といった文化財をも視野に入れた多角的視座からの研究を目指すものであり、今回の調査ではそのような文化財の調査・撮影を主とした。

6.調査概要:
(1)
 前述のとおり、本調査は日御碕神社、および同社家・小野家所蔵の文書等の文化財を調査・撮影することを目的としている。
日御碕神社 楼門
日御碕神社 楼門

調査の様子
調査の様子

 今回、撮影したものは下記のとおりである。

 a.『寛永十一年秋七月奉納出雲国風土記』1冊(日御碕神社所蔵 県重文 [日−178])
shimane03
a.『出雲国風土記』表紙

 b.『文化元年季夏心御柱奥秘』(小野家所蔵 [小−285])
shimane04
b.『文化元年季夏心御柱奥秘』

 c.『(寛文頃)小野尊久参加祭式行列次第』1巻(小野家所蔵 [小−286])
 d.『文政七年小野尊道葬儀図』1巻(小野家所蔵 [小−288])
 e.『(年時不詳)往古葬礼図』1巻(小野家所蔵  [小−289])
shimane05
e.『(年時不詳)往古葬礼図』巻頭

 f.e付属「下書き」1巻(小野家所蔵)
 g.e付属「祭壇図」1紙(小野家所蔵)
 h.『日御碕神社古絵図』1軸(日御碕神社所蔵 県重文)
 i.『多宝塔図面』1巻(日御碕神社所蔵)
 j.『下宮拝殿地割図』1巻(日御碕神社所蔵)
 k.『文政七甲申四月十五日 有功尊道道命御葬式之図』1巻(小野家所蔵)
 l.女神像 1躯(小野家所蔵)
shimane06
l.女神像 正面

※各項資料名は『島根県古文書緊急調査総合目録』(島根県教育委員会 昭和50(1975)年)によった。
また、[ ]内に示した番号は、同書の整理番号、「日」は「日御碕神社文書目録」、「小」は「日御碕神社検校 小野家文書目録」の略号である。なお、上述の番号がないものは、同目録に所載されていない。


(2)
 本事業の意義に鑑み、14日の午後から、島根県教育庁古代文化センターの品川知彦主任研究員の案内により、先日、神像や墨書土器の発掘された島根県出雲市東林木町の青木遺跡発掘現場において発掘当時の状況や作業等の説明を受けた後、松江市内の島根県立博物館において展示されている前記神像・土器等の出土遺物を見学した。これらは現在詳しい調査が進められているが、日本最古の神像である可能性を多分に含み、今後の出雲地域の神社や神祇信仰を考える上で重要な資料となると考えられる。その後、同館、松本岩雄学芸課長、錦田剛志主任学芸員より、現在の島根県における遺跡・文化財等の調査・研究状況の説明を受けた。

7.成果と課題:
 上記報告のとおり、今回は文化財の調査・撮影を主として行ったが、日御碕神社本『出雲国風土記』や『日御碕神社古絵図』など県の重要文化財の調査・撮影をも遂行できた。同『出雲国風土記』は、秋本吉徳氏編『古典資料類従 出雲国風土記諸本集』(勉誠社・昭和59(1984)年)にモノクロの影印版が所載されているが、カラー版の公開は未だなっていない。そこで、これらは今後、本サイト上でのデータベース化を計画している。
 また、『(年時不詳)往古葬礼図』などは、現在、本学神道資料館に所蔵されている『神祇伯葬送古図』等と多分に近似する内容であるが、差異も多い。よって、今回撮影した資料により、比較研究を行う必要性が見出された。さらに、「女神像」も、成立年代の問題をはじめ、多くの問題を含んでおり、日御碕神社の信仰史を考究する上で重要な資料となろう。
 以上のような観点から、今回の調査により、今後は、これまでの古文書解析とともに、さらなる多角的視座からの研究が望まれる。
 最後になるが、調査・撮影にこころよく御協力いただいた日御碕神社・小野高慶宮司をはじめ、神社関係者の方々、また、貴重な資料をご提供下さった島根県教育庁の松本岩雄氏・品川知彦氏・錦田剛志氏に、心より御礼申し上げる。

※なお、本報告中の写真は、日御碕神社、および小野高慶氏より、事業推進担当者・三橋健が許可を得て公開しているものです。したがって、転載・無断複写等を一切禁止いたします。

文責:新井 大祐(COE研究員)
 
このセクションの目次に戻る | 総目次に戻る
このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

國學院大學研究開発推進機構 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
TEL 03-5466-0162
Copyright © 2002-2004 Kokugakuin University. All rights reserved.