『神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成』の刊行


*本書は在庫切れのため、頒布を終了しました。

目次

拠点リーダーあいさつ
文学部史学科教授 小林達雄
グループ
基層文化としての神道・日本文化の研究グループ
文学部史学科教授 吉田恵二・・p3
日本文化の基層−(一)縄文文化の成立まで−
文学部史学科教授 小林達雄・・p7
彭頭山と河姆渡−中国初期稲作関連遺跡に関して−
文学部史学科教授 藤本強・・・p18
倭と百済の府官制と古墳文化−国家形成・地方支配・韓国の前方後円墳−
文学部史学科教授 鈴木靖民・・p29
歌垣起源説における神観念の形成−日中歌掛け文化圏の比較検討を通して−
文学部日本文学科教授 辰巳正明・・p45
神の座のザンとスル−八重山のユングトゥを巡って−
文学部日本文学科教授 野村純一・・p56
日本古代祭祀遺物の再検討
文学部史学科教授吉田恵二・・p70
神社の鑑鏡
神道文化学部神道文化学科教授 杉山林継・・p78
グループ
神道・日本文化の形成と発展に関する調査研究
神道文化学部神道文化学科教授 岡田莊司・・p97
神社研究〈古代〉の定点を求めて
神道文化学部神道文化学科教授 岡田莊司・・p101
8・9世紀の朝廷の宗教意識について−古代の朝廷から見た神仏の関係−
COE奨励研究員 小林宣彦・・p111
神社の持つ性格についての一試論
COE研究員 加瀬直弥・・p123
日本文化研究所における国学研究の歩み
日本文化研究所助手 松本久史・・p128
中・近世の牛玉宝印と起請文
−護符・起請文研究グループの研究のねらいと中間報告−
文学部史学科教授 千々和到/COE研究員 太田直之・・p142
神社と民俗宗教・修験道の研究報告
神道文化学部神道文化学科教授 宮家準・・p155
日御碕神社の資料論的研究
神道文化学部神道文化学科助教授 三橋健/COE研究員 新井大祐・・p169
國學院大學図書館所蔵武田文庫の調査研究−武田祐吉博士の国学的位置付け−
文学部日本文学科教授 青木周平・・p183
神と人と文学と−折口信夫と武田祐吉・國學院大學所蔵武田文庫本『口訳万葉集』を中心に−
文学部日本文学科兼任講師・COE研究員 城崎陽子・・p191
国学の諸特徴について
神道文化学部神道文化学科教授 安蘇谷正彦/COE研究員 山作良之・・p203
グループ
神道・日本文化の情報発信と現状の研究グループ
神道文化学部神道文化学科教授 井上順孝・・p217
神道研究の国際化への新しいステップ−国際シンポジウム「各国の神道研究の現状と課題」の成果をふまえて−
神道文化学部神道文化学科教授 井上順孝・・p221
ネットを利用した『神道事典』英訳支援システムの構築と運用
神道文化学部神道文化学科専任講師 黒崎浩行/日本文化研究所助手 遠藤潤
COE研究員 平藤喜久子/日本文化研究所共同研究員 吉永敦征・・・p239
The 21st Century COE Program English Translation of the Shinto-jiten(Encyclopedia of Shinto) Progress Report,October 1st ,2003
神道文化学部神道文化学科専任講師 Norman Havens・・p252
世論調査による日本人の「神観念」もしくは日本人宗教性理解の可能性と限界
−世論調査の実施に向けて−
神道文化学部神道文化学科教授 石井研士・・p265
折口信夫・沖縄研究資料の分析とデジタル化 
文学部日本文学科教授 小川直之・・p277
日本古代における鬼神観−『礼記』に見える「鬼神」との比較検討を通して−
大学院文学研究科博士課程後期 大堀英二・・p291





日時:  2004/2/18
セクション: e. 成果刊行
この記事のURLは: http://21coe.kokugakuin.ac.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=104